2018年11月09日

節電、ハイブリッドで新たな商機

節電、ハイブリッドで新たな商機。地球温暖化を防止して持続可能な発展を目指すため、CO2の排出量をできるだけ少なくする社会づくりが世界的に求められている。こうした社会的なニーズを新たなビジネスチャンスととらえ、建設産業界でも積極的に事業展開する企業が現れている。2012年7月からスタートした全量固定価格買取制度は、太陽光発電や小水力発電、風力発電、バイオマス発電、地熱発電などさまざまな再生可能エネルギーへの取り組みを後押ししている。建設関係では設備業界が、空調設備会社を中心に省エネルギーに力を入れている。https://thistlehockey.com/energy-saving/



Posted by 中村 凛花 at 14:19│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。