2018年11月14日

「観賞用の小鳥、魚等であって明らかに

「観賞用の小鳥、魚等であって明らかに近隣に迷惑をかけるおそれのない動物を飼育すること」については認めるとか、貸主の承諾があれば許されるという規定を設けていることも多くあります。ペットの飼育をめぐっては近隣トラブルにもなることが珍しくなく、貸主にとっても頭が痛い問題です。 大型犬を飼育されては、鳴き声もうるさく糞尿の臭害も著しくなります。毒をもつ蜘蛛などを飼育するのは論外です。他方、熱帯魚やハムスター程度の飼育はこれといった危害が発生することもなく、近隣の住民も何も文句を言わない場合がほとんどです。https://dg-automation.com/lender-problem/



Posted by 中村 凛花 at 13:55│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。